MENU

髪の乾かし方&ブラッシング法

シャンプー後の濡れた髪は、
乾いている時に比べてキューティクルがはがれやすく、
とてもデリケートな状態になっています。

 

また、頭皮も多少ふやけているので、
こちらもデリケートな状態になっていると言えます。

 

ですから、「髪を乾かす際やブラッシングにおいて、
髪と頭皮に負担をなるべくかけない」ということが、とても大切になってきます。

 

正しい髪の乾かし方

では、正しい髪の乾かし方からご説明しましょう。

 

髪についた水分を、まずはタオルで吸い取ることが大切ですが、
ゴシゴシこするような拭き方では、髪も頭皮も傷んでしまいます。
タオルで髪をはさむようにして軽く叩き、水分を吸わせるようにするのが正解です。

 

その後は、ドライヤーを使って乾かします。
「ドライヤーの熱は髪を傷めるので、自然乾燥のほうがいいじゃない」
と思われるかもしれませんが、自然乾燥にも実は結構なリスクがあるんですよ。

 

「濡れた髪をいじったりするとキューティクルがはがれる」
「濡れた髪同士に摩擦が生じるだけでもダメージになる」
「頭皮がなかなか乾かないので、雑菌繁殖の原因になる」

 

などといった問題が出てくるのです。

 

またロングヘアーの人の場合、
「濡れた髪の重みが、頭皮にとって負担になる」ということもありますよ。

 

ですからドライヤーを使ったほうがいいのですが、
その際のコツは「頭の上から温風を吹き付けたりしない」ということです。

 

これだと、乾くのに相当時間がかかり、
その分髪が長く温風にさらされてダメージリスクが高まりますからね。

 

ドライヤーは、温風が熱すぎない状態になるよう、髪から20センチほど離し、
「下方向から髪の根元を持ち上げるように、温風と冷風を交互に吹き付ける」というのがおすすめ。

 

これなら髪へのダメージも非常に少なく、髪の根元に風が入ることで、頭皮も効率よく乾かせます。

 

 

正しいブラッシングのやり方

 

では次に、正しいブラッシングのやり方をご紹介しましょう。

 

ブラッシングで一番やってはいけないことは、
「いきなり、髪の根元から毛先まで一気にとく」というやり方です。
途中で髪がからみ、強い引っ張りダメージが起きてしまうリスクが非常に高いですよ。

 

まずは毛先に近い部分をブラッシングして解きほぐし、それから徐々に、
髪の根元に近い部分も解きほぐしていく、という段階的なブラッシングが必要です。

 

また、ブラッシングでやってしまいがちなNG行為と言えば、
「ブラシやクシで、頭皮をひっかいてしまう」というのも挙げられます。

 

これはかなり頭皮ダメージが大きくなってしまう行為ですので、
ブラシやクシの毛先が頭皮に当たりすぎないよう気をつけましょう。

 

さらに、「静電気が起きにくいブラシやクシを使用する」ということも大切です。

 

静電気そのものが髪や頭皮の組織を傷めてしまうだけでなく、
髪や頭皮が静電気を帯びてしまうことで、ホコリなどが髪や頭皮に寄せ付けられやすくなってしまうので、
汚れによる頭皮トラブルのリスクまで高めてしまいますよ。