MENU

紫外線が原因で髪は薄くなる?

あなたは紫外線対策をきちんとやっていますか?

 

「毎日ちゃんと日焼け止めを塗ってます!」
という答えが返ってくるかもしれませんが、実はそれだけではダメ!

 

なぜかというと・・・日焼け止めで、頭皮と髪の紫外線対策はできませんよね?

 

「頭の紫外線対策」というのは意外とおろそかにされがちですが、
実は紫外線は、頭皮や髪に対しても大きな悪影響を与えてしまうものなのです。

 

紫外線による頭皮・髪へのリスクとは?

紫外線が頭皮や髪にどんな悪影響を与えてしまうのかというと、

 

まず、頭皮に対しては

 

「活性酸素を増やして、頭皮の老化を早めてしまう」
「頭皮のハリと弾力を保つためのコラーゲンの切断や、エラスチンの変性などを起こさせてしまう」
といった悪影響があります。

 

つまり「毛根が育つための土壌がボロボロになる」ということですね。

 

次に、髪に対しての悪影響ですが、強い紫外線はキューティクルをボロボロにして、
切れ毛・枝毛などのダメージヘアを生み出してしまうこととなります。

 

頭の紫外線対策はどうすればいい?

というわけで、紫外線は髪と頭皮へのダメージが大きいので、
できる限り頭の紫外線対策もきちんとしていくことが大切です。

 

「日焼け止めを頭皮にすり込む」という手もありますが、
実際にやると髪がジャマになって、かなりの塗りムラが出やすいという問題があります。

 

さらに、頭皮にはクレンジングを使わないだけに、
「シャンプーだけできちんと落ちるかどうか」という不安もありますよね。

 

それよりも簡単でおすすめなのは、日傘や帽子の活用です。
UVカット加工がなされた日傘や帽子を使えば、紫外線はほとんどブロックできます。

 

女性の頭の紫外線対策としては、「バッグに折りたたみのUVカット日傘を常備しておき、
徒歩での外出時に使う」というのが、一番手軽でおすすめと言えるでしょう。

 

帽子を使う場合は、「蒸れによる頭皮の雑菌繁殖」「締め付けによる血行不良」など
問題が起こりやすいという面もありますので、以下の点に注意しましょう。

 

〇通気性のいい素材を選ぶ。
〇日陰では、帽子を時々脱いで風を通す。
〇頭を締め付けないよう、多少余裕のあるサイズの帽子を選ぶ。