MENU

女性の髪が薄くなるのは女性ホルモンの減少にあった!

女性ホルモンのバランスと髪の状態には、
実はかなり密接な関係があります。

 

ここではそれをお話ししましょう。

 

女性ホルモンの薄毛防止作用

女性ホルモンの一つ「エストロゲン」には、
「毛細血管を広げて血行を促進、毛根の寿命を延ばし、抜け毛を少なくする」
「髪の原材料となるコラーゲンの生成を促す」という作用があります。

 

ですから、エストロゲンの分泌がしっかりなされていれば、
それだけで薄毛対策が一つできているようなものなのです。

 

このエストロゲンの分泌は、30歳前後にピークを迎え、それ以降はじょじょに減少してしまいます。
そして、更年期を迎えると分泌量はガタッと減り、薄毛に悩む人の割合が急増するのでよ。
歳をとると薄毛になりやすいのは、こうした加齢によるエストロゲン減少の影響が大きいと言えます。

 

もちろん、女性の薄毛の原因はエストロゲンの減少だけではないので、

 

「若くて、十分なエストロゲンが分泌されていても、他の理由があって薄毛になっている」という女性も多いのですが、エストロゲンの分泌量が、薄毛リスクを左右する大きな要素の一つであることには変わりありません。

 

 

エストロゲン分泌量の変化による薄毛発生の例

エストロゲン分泌量の変化が、
薄毛発生と関わっていることを示す分かりやすい例として挙げられるのが
「分娩後脱毛症(出産後脱毛)」です。

 

 

「出産後抜け毛がひどくなり、しばらく薄毛に悩んだ」という女性は、かなり多いですよね。
この現象はなぜ起こるのでしょうか。

 

まず、妊娠中は、エストロゲンが通常よりはるかに多く分泌されるため、
エストロゲンが持つ「毛根の寿命を延ばすことによる抜け毛抑制作用」や
「コラーゲン生成促進作用」もたっぷりと得られ、それによって通常よりも髪の寿命が長くなります。

 

つまり「通常の女性ホルモン分泌時・通常のヘアサイクルなら寿命を迎えているはずの髪も、
たっぷりのエストロゲンのおかげで延命できている」というわけですね。

 

ところが・・・出産して2日ほどたつと、エストロゲンの分泌量は激減。
妊娠前よりも少ない状態になってしまいます。ここからしばらくは、
母乳を促すための「プロラクチン」というホルモンの分泌が優先されるようになるのです。

 

こうなると、それまでエストロゲンのおかげで延命できていた髪が一気に寿命を迎えて抜けていき、
しかも「エストロゲンが少ないので、血行促進やコラーゲン生成も以前のようにはできない」という状態になります。

 

ですから「抜け毛が多く、新しい髪がなかなか生まれない」という状態になり、薄毛となってしまうわけですね。
これが、分娩後脱毛症になってしまう理由です。

 

ちなみにこの分娩後脱毛症は、女性ホルモンの分泌が通常に戻れば
ヘアサイクルも戻りますので、おおむね半年から1年半ほどで自然に治っていきます。

 

若くてもエストロゲン分泌が減少することがある!

というわけで、妊娠・出産時は仕方ないにしても、それ以外の時期は、
「なるべくエストロゲンの分泌を正常な状態に保つ」ということが、
薄毛予防にも大切なことであると言えます。

 

しかし、実はエストロゲンの分泌というのはかなりデリケートなところがあって、
食生活の乱れや、睡眠不足・ストレス・冷えなどが原因で分泌量が減ってしまうということもよくあります。

 

心身が健康な状態であれば「若いうちはエストロゲンの分泌が豊富」と言えるのですが、
食生活や生活習慣に問題を抱えている人は「たとえ若くても、
それらの問題が原因でエストロゲンが減り、薄毛になるリスクを持っている」というわけですね。