MENU

女性が選んではいけない育毛剤とは?

女性の薄毛対策として育毛剤を選ぶなら、
やはり、女性専用に開発された女性用育毛剤を選ぶのが正解です。

 

しかし、残念ながら、女性用育毛剤の中には「ダメな成分が入ったもの」
も存在しているのが事実です。

 

どんな成分を避けるべきなのか?ここではそれについてお話ししましょう。

 

合成ポリマー

女性用育毛剤成分として、まず避けたいものとして挙げられるのが、
カルボマー(カルボキシビニルポリマー)などの合成ポリマーです。

 

合成ポリマーは、「髪や頭皮をコーティングして、ツヤがあるように見せる」
という目的で使われるのですが、このコーティング作用そのものが、
育毛成分の浸透を妨げてしまうリスクが高いのです。

 

さらに合成ポリマーは、「洗ってもなかなか落ちにくい」という欠点を持っていますので、
よほどシャンプーできちんと洗わない限り、コーティング成分がずっと頭皮に残り、
毛穴をふさぎ続けるという結果にもつながりかねません。

 

この合成ポリマーは「頭皮にとっては不要どころかリスクになる成分なのに、
有名メーカー品の育毛剤であっても、特によく含まれているケースが多い成分」
と言えますので、気をつけましょう。

 

石油系合成界面活性剤

避けたい成分と言えば、バリア機能のすき間から頭皮に侵入してたんぱく質を変性させてしまうという、かなりの皮膚刺激リスクをともなう石油系合成界面活性剤も挙げられますね。

 

育毛剤に使われることが多いのは、ラウリル硫酸Na(ナトリウム)です。

 

他にも「ラウレス硫酸〇〇」「パレス-3硫酸〇〇」
などの成分が使われていることもありますので、これらの成分は避けるようにしましょう。

 

合成香料

「女性用育毛剤には香りも大切」ということで、
香料が使われている育毛剤も多いのですが、できればこれも避けたいですね。

 

「香料なんて、別に悪いものじゃないでしょう」と思われるかもしれませんが、
合成香料は、さまざまな化学物質を混ぜて作られるため、
アレルギーなどの皮膚刺激のリスクが意外と高いんですよ。

 

植物エキスや天然精油などで香りづけをしているのなら問題ありませんが、
成分に「香料」とだけあるものは、合成香料の可能性がきわめて高いので要注意です。

 

パラベン

女性用育毛剤の安全性を重視するなら、
強力な防腐剤であるパラベンもできれば避けたいところですね。

 

パラベンは皮膚細胞に対する毒性があり、
細胞を殺してしまうリスクが高いと言われています。

 

パラベンにはいくつかの種類がありますが、ブチルパラベンおよびプロピルパラベンは、
特に毒性が高いと言われていますので注意しましょう。