MENU

パーマ・カラーリングによる薄毛リスクとは?

パーマやカラーリングも、髪と頭皮にダメージを与え、
薄毛を招くリスクが高い行為と言えます。

 

パーマやカラーリングは、薬剤が髪と頭皮を傷める!

パーマやカラーリングによる薄毛リスクが高い最大の理由は、
「薬剤の刺激が強く、髪を傷めるだけでなく頭皮にもダメージを与えるから」
というのが挙げられます。

 

パーマ液や、ヘアダイ・ヘアカラーなどは、いずれも「薬剤がしっかりしみこむように、
髪のキューティクルを開く」という要素を持っています。

 

「無理やりキューティクルを開かせる」
という作用を持つだけあって、薬剤自体が強烈なんですよ。
この時点で、髪にはきわめて大きなダメージが加えられてしまいます。

 

そして、パーマやカラーリングをすると、
その強力な薬剤成分が頭皮にもたっぷり付着することは避けられません。

 

それによって頭皮の炎症などが起こり、髪の発育にも悪影響を与えてしまう可能性が高いのです。

 

どうすればいい?パーマとカラーリング

では、「薄毛には絶対になりたくないけど、パーマやカラーリングも必要」
という人は、どうすればいいのかというと・・・

 

まずパーマについては、
「低刺激のパーマ液(コスメパーマ)を取り扱っている美容室を選ぶ」
「パーマの頻度は2ヵ月に1回以下にする」

 

という形にして、少しでも薬剤によるダメージを軽減するよう心がけたいものです。

 

そしてカラーリングについては、
「ヘアダイやヘアカラーではなく、自宅でカラートリートメントやヘアマニキュアを使う」
という形に切り替えるのがおすすめです。

 

カラートリートメントやヘアマニキュアは、キューティクルを無理に開くことなく、
髪の表面に付着させるというもので、さらに頭皮に付着しても洗えばきちんと落とせるのが特徴。

 

髪と頭皮へのダメージを最小限に抑えることができます。

 

ヘアダイやヘアカラーに比べると、
最初の数回の色入り具合に不満を感じることもあるでしょうが、
使い続ければしっかりと色がなじんできますよ。

 

ただし、安価なカラートリートメントやヘアマニキュアには
「赤色〇号」「青色〇号」などのタール系色素が使われていることがありますので要注意。

 

タール系色素は発がん性リスクが指摘されている危険な色素ですので、
こんなものを頭皮につけるわけにはいきません。

 

きちんと成分を確認して、タール系色素不使用のものを選ぶようにしましょう。