MENU

部屋が汚いと薄毛の誘発・悪化の原因になる

あなたは、自分の部屋など、居住空間をきれいな状態にしていますか?
いわゆる「汚部屋」「汚家」状態になったりはしていませんか?

 

もし、「汚部屋状態になってしまっている」というなら今すぐ改善を!

 

なぜなら、そうした居住空間の汚れが、
薄毛の誘発・悪化原因となる可能性もあるからです。

 

その理由についてお話ししましょう。

 

頭皮に汚れがついてしまう!

汚部屋状態が薄毛の誘発・悪化原因になりかねない、
その大きな理由のひとつとして挙げられるのが
「頭皮への汚れ付着リスクが高まるから」です。

 

汚れた部屋は、想像以上にチリやホコリでいっぱいです。
人がちょっと動いたり、モノを動かしただけでも、
そのチリやホコリが大量に舞い上がり、降り注いできます。

 

これが頭皮につくと、皮脂とまじりあってベタベタと取れにくい状態になってしまい、
毛穴をふさいでしまい、それが毛根を弱らせることにつながるのです。

 

頭皮の炎症を起こすリスクも高まる!

汚部屋状態が頭皮に与えるもうひとつの大きなリスクとして挙げられるのが、
「有害物質・ウイルスや細菌の付着・雑菌繁殖などによる炎症リスク」です。

 

汚れた部屋には、ただのチリ・ホコリだけでなく、ダニやダニの糞など、
皮膚に有害となるものや、ウイルス・細菌なども混じっています。

 

部屋が汚れていれば汚れているほど、こうした物質も増えるので、
「汚部屋」というのは「通常ではありえないほどの、
大量のダニやウイルス・細菌に囲まれた環境」と言えるわけですね。

 

これらも頭皮についてしまうわけですから、
頭皮の炎症などのトラブルリスクが高まるのは当然と言えます。

 

 

また、頭皮に付着した汚れは、
さらに「皮脂と混じっての雑菌繁殖」まで引き起こすので、
これまた頭皮トラブルの原因となるわけです。

 

「毎日のシャンプーや、ブラッシング用品のお手入れなど、
髪と頭皮の清潔さには気を使っている」という人であっても、
意外と部屋は汚れていたり散らかっていたりするケースは少なくありません。

 

「居住空間が汚れていればそれだけで、
清潔な頭皮を保つことなどできなくなる」という事実があることを、しっかり心に刻んでおきましょう。