ヘアワックス・ヘアスプレーが薄毛の原因に!?

あなたは、ヘアワックスやヘアスプレーなどを使用していませんか?

 

もし、使用しているなら要注意!

 

そのヘアワックスやヘアスプレーが、
薄毛を招く原因のひとつになっているかもしれません。

 

ヘアワックスやヘアスプレーの、何が問題!?

ヘアワックスやヘアスプレーの何が問題なのかというと・・・

 

実はヘアワックスやヘアスプレーには、界面活性剤が含まれています。

 

その界面活性剤が肌にマイルドなものであればまだいいのですが、
問題は、「ラウリル硫酸〇〇」「ラウレス硫酸〇〇」などをはじめとした
石油系合成界面活性剤が配合されているものです。

 

たとえ有名メーカーのヘアワックスやヘアスプレーであっても、
石油系合成界面活性剤が含まれているものは少なくありませんので要注意。

 

石油系界面活性剤は、「バリア機能のすき間から浸透し、たんぱく質を変性させる」
という恐ろしいリスクを持っていますので、メーカーホームページや商品パッケージ等に
「石油系界面活性剤不使用」などと書かれているものを選びましょう。

 

ただ、「石油系界面活性剤不使用のヘアワックス・ヘアスプレーを選べばそれでOK」
というわけではありません。

 

ヘアワックスやヘアスプレーが頭皮にべったりついてしまうと、
それが毛穴を詰まらせてしまい、髪の成長に悪影響を及ぼすこともあります。

 

ヘアワックス・ヘアスプレーを使用したい人のためのコツ

というわけで、ヘアワックスやヘアスプレーは
頭皮へのリスクがかなり高いものだと言えるのですが、
それでも「髪をセットするためには、どうしても使わなければ無理」という人もいるでしょう。

 

そんな人は「使うにしても、できるだけ頭皮につけない」ということをくれぐれも心がけて下さい。

 

ヘアワックスは手にとったあと、まずは手のひら全体にのばしてから、
「頭皮に手やワックスがつかない範囲で、髪の根元近くから毛先に向かってなじませる」
という形で使いましょう。

 

ヘアスプレーは、「手を伸ばして、
スプレーをなるべく遠くからかける」という形にすると、頭皮に付着する量をかなり減らせますよ。

 

また、休日などセットが特に必要ない日があれば、これらを使わず頭皮を休ませることも心がけましょう。

トップへ戻る